FAQ こんな時には

氏名・住所に利用可能な漢字

お客様の氏名・住所にお使いただける漢字は、JIS第1水準・第2水準(1983年版)の漢字のみとしております。

氏名

氏名はどのような漢字でもご入力できますが、報告書面(「取引報告書」や「特定口座年間取引報告書」など)の氏名の表示は上記の水準以外の漢字が含まれた姓・名をカナで置き換えたものが表示されることがあります。

【置き換えの例】
髙橋 太郎 → タカハシ 太郎
高橋 正德 → 高橋 マサノリ
髙橋 正德 → タカハシ マサノリ


住所

住所に上記の水準以外の漢字が含まれる場合には、お手数ですが、登録可能な異体字や、カナ文字に置きかえて入力してください。

【置き換えの例】
德 → 徳
髙 → 高
福 → 福